相続税改正については専門家が頼りになります

2016年5月10日

相続税法が改正されてどう変わったか

最近行われた相続税の改正ですが、この改正にはいくつか大切なポイントが含まれています。相続税の改正で特に重要なポイントは、基礎控除の金額が60%へと大幅に減額されたことです。そのため、今まで相続税の対象でなかった人も新たに相続税の対象になるケースが増えています。今回の改正後に対象になってしまう人の例としては、例えば、都市部に住宅と土地を持っていて、他にもまとまった金額の貯蓄などの資産がある場合があげられます。

その他にもこんな点が変わった

このように、今まで相続税の対象でなかった人でも、平均より少し財産があるというだけで相続税を支払うことになりました。その他の相続税の改正ポイントは、未成年者控除や障害者控除の金額が増額された点や、小規模宅地の場合の相続税の特例が改正がされた点です。そのため、未成年者や障害者の人は、改正後は一年ごとの控除額が増額されています。また、相続に関する小規模宅地は、評価額の減額が行われる限度面積などの拡大が行われました。

頼るべきは専門家です

このような相続税改正の複雑な内容を確認する時は、専門家の力を借りるのが一番良い方法です。税理士は、税務に関するプロフェッショナルです。そのため、これから相続に関わる予定があり、相続税の改正について詳しく知りたい人は、税理士に一度相談してみることをおすすめします。税理士法人でも個人開業の税理士でも、最近では公式のホームページをインターネット上に持っている場合が多いため、これらのページを通じてすぐに税務の専門家にアクセスすることができます。

遺産相続の問題で悩んでいる方は相続税の税理士に依頼しましょう。専門の知識が豊富なので、難しい税の計算も安心してお願いできます。