審査に落ちないためのコツはある?クレジットカードの気になる審査基準

2016年12月23日

クレジットカードの審査基準の特徴

クレジットカードには、会社を問わず審査基準が明確にされていないといった特徴があります。しかし、全ての会社で共通している審査に落ちないための最低ラインも存在しているんですよ。審査で最も需要になるのが「社会的信用」で、主に「収入・勤続年数・過去の利用実績」が含まれています。また、雇用形態の複雑化や女性の社会進出といった様々な理由から現在では、社会人以外の契約社員やアルバイト・パートの方でも審査を受けて通過する事でクレジットカードを所持する事が出来るんですよ。

社会的信用の審査を通過する基準って?

社会的信用では、「安定した収入を得ている事」や「同じ会社での一定期間以上の在籍」といった点を重視するクレジットカード会社が多くなっているんですよ。収入が不安定であったり、短期間で転職を繰り返しているとカードを発行している会社が「返済期日に間に合わないのでは?」と不安に感じますよね。利用した金額を期日までにしっかりと返済出来る事を証明する事がクレジットカードの審査に落ちないためには最も大切になります。

審査を受ける際の注意点はある?

クレジットカードの審査に落ちる方の多くが「ケアレスミス」をしています。申込書の記入漏れや記入欄のズレがないか提出前にしっかりと確認しておくと良いでしょう。また、最近は「過去の利用実績」から審査を落ちる方も増えています。クレジットカードやキャッシングの利用だけではなく、携帯電話の機種代を分割払いしている場合はローンとして扱われます。毎月の携帯代を忘れず支払う事や延滞・遅延をしている場合は全て支払いを済ませておく事も大切なポイントなんですよ。

クレジットカードには沢山の種類や特徴があり国際カード、電子マネー付き、マイルが貯まる、年会費が無料などがあります。